「新しいSEOの教本」口コミ

「いちばんやさしい 新しいSEOの教本」という本を読みましたので、感想&口コミ等をご紹介します。
人気講師が教える検索に強いサイトの作り方。

「新しいSEOの教本」内容

◇著者:安川 洋 (著), 江沢 真紀 (著), 村山 佑介 (著)
アユダンテ株式会社 代表取締役/SEO歴13年のベテラン/Web担当者から転身 現場に強いコンサルタント
◇単行本(ソフトカバー): 240ページ
◇出版社: インプレスジャパン (2014/2/17)
◇内容(表紙裏より):
≪本書のポイント≫
1.はじめてSEOを学ぶ人でも安心!!検索エンジンに評価される正しいSEO。
2.勘違いしやすいポイントは講師がフォロー!!セミナーを受けている感覚で読み進められる。
3.対策すべきキーワードがすぐイメージできる業種別サイトマップ&キーワードマップ!!
◇目次
◆Chapter 1 SEOの目的と考え方を身に付けよう
◆Chapter 2 Webサイトの目的と訪問者の目的を考えよう
◆Chapter 3 有効な検索キーワードを調査しよう
◆Chapter 4 業種別に最適なサイト構成を考えよう
◆Chapter 5 適切な内部対策でSEOの効果を高めよう
◆Chapter 6 質の高い外部対策でWebサイトの価値を高めよう
◆Chapter 7 ソーシャルメディアからWebサイトに集客しよう
◆Chapter 8 技術的な問題を解決して優れたWebサイトを目指そう
◆Chapter 9 SEOの効果を分析してさらなる改善を進めよう
・付録 1 業種・ジャンル別キーワード一覧表
・付録 2 サイト全体のテンプレート一覧管理表
・付録 3 今すぐ使えるSEOのRFPフォーマット
・用語集

「新しいSEOの教本」感想&体験

SEO関連の本は複数、読んでいますが、今までにない内容でした。
内容を一言で言うと、「WEB担当者が理解しておくべきSEOの本質~ユーザーが検索するキーワードの意図にあったサイトを作成する為の手順」といったところでしょうか。

業種別サイトマップがあるのは新しい試みだと思います。

私的には割と面白く読めました。

ただ、これ1冊でSEOを勉強するのは無理で、企業のWEB担当者がSEO業者と連携して、検索結果に上位にヒットするサイトを作成していくということが前提の内容です。

従って、詳しいSEOの手法は省略されています。

また、サイト構造の作り方は分かったものの、コンテンツ記事そのものの書き方等は一切、触れられていないので、いざ、記事作成の段階で行き詰まるでしょう。

著者がSEO業者なのでこういう内容の本になったものと思われます。

新しくWEB担当者になった方向きの本かと。

「新しいSEOの教本」口コミ

Amazonクチコミレビューでは、5つ星のうち 3.3(22件)です。
かなりの低評価です。
内容は「基本的すぎる」という意見が多いです。
いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方


検索エンジン最適化の関連記事

このページの先頭へ