「WordPress管理画面へのアクセスが遅い」原因と対処方法とは?

ワードプレス(Wordpress)の管理画面にログインするのにやたら時間がかかる重いサイトがある。早いサイトは2~3秒だが、遅いサイトだと12~13秒かかる。ネットで調べてみると20秒~30秒かかるケースもあるとか。
「Wordpress管理画面へのアクセスが遅い」原因と対処方法とは?

プラグインが原因?

WordPress管理画面へのアクセスが重い原因には複数あるようだが、其の1つがプラグイン。

重いプラグインを使っていると管理画面へのアクセス(ログイン)に時間がかかるらしい。

では、どのプラグインが重いのか?

それを自動でチェックしてくれるプラグインが「P3 (Plugin Performance Profiler)」。

「P3 (Plugin Performance Profiler)」使い方

「P3 (Plugin Performance Profiler)」の使い方は簡単だ。

まず、「P3 (Plugin Performance Profiler)」をインストール。
「プラグイン」→「新規追加」から、「P3 (Plugin Performance Profiler)」を検索。

見つかったら、「インストール」→「有効化」。
この流れは、他のプラグインをインストールする場合も同じ。

使い方は、メニューの「ツール」から「P3 Plugin Profiler」をクリック。ここで、多少、プラグインの名称が簡略化されているので注意。

「Start Scan」をクリック。
次に「Auto Scan」「Mnanual Scan」というウィンドウが表示されるが、「Auto Scan」をクリック。

スキャンが完了すると下記のウィンドウが表示されるので、ViewResults」をクリック。

P3 Plugin Profiler

診断結果が円グラフで表示されるので、負荷の大きいプラグインを使用停止。(削除はしなくても大丈夫。)

診断結果をどう考える?

管理画面へのアクセスが遅い私のサイトの場合、次の結果に。

P3 Plugin Profiler

一方、これは別のサイトの診断結果。

P3 Plugin Profiler

同じようなプラグインを入れているのに、この差は何だろうか?

さらに、同じサイトで時間を開けてチェックしたみたら、以下の結果に。

P3 Plugin Profiler

どういうことだろうか?

大きなウエイトを占めているプラグインはどれもひつようなので「停止」するわけにはいかない。

さて、どうしたものだろうか?

プラグイン以外の要因を探す必要がありそうだ。

■他のスクリプト(アクセス解析など)の影響
■ サイト(1ページに)に入れ込んでいる画像サイズや数など
■ サーバーの動作スピードや不具合関係


ワードプレスの関連記事

このページの先頭へ